JNTO訪日外客数(2019年10月推計値)など

(1)JNTO訪日外客数(2019年10月推計値)

2019年10月の訪日外客数は、前年同月比5.5%減の249万7千人で約14 万人下回った。 訪日ムスリム旅行者が期待されるマレーシア、インドネシアは以下のとおり。

・マレーシア:前年同月比24.9%増の48,900人で10月として過去最高を記録。昨年は11月だった祝日が10月の週末を挟んだ三連休となったことに加えて、祝日に合わせてマレーシア国内の学校が5日間をフェスティバルホリデーとして設定し、家族旅行の需要が大幅に増加したこともあり、訪日者数は前年同月を上回った。

・インドネシア:前年同月比20.7%増の34,100人で10月として過去最高を記録。例年より1か月早く旅行博シーズンが始まり、秋期の訪日旅行商品が多く販売されたことに加え、インセンティブ旅行の増加もあり、訪日者数は前年同月を上回った。

詳しくはこちら:出所:JNTO報道発表資料11月20日:https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/data_info_listing/pdf/a6sb87000002kton-att/191120_monthly.pdf

(2)エスビー食品株式会社グループ3工場集中投資、ハラール専用ラインを設置。
エスビー食品(株)は、創業100周年にあたる2023年に向け、「安全・安心」と「生産体制」のさらなる強化を目指し3工場へ集中投資をする。株式会社エスビーサンキョーフーズ新棟には、レトルト食品ハラール専用ライン設置する。

詳しくはこちら:出所:エスビー食品(株)ニュースリリース10月31日:https://www.sbfoods.co.jp/company/newsrelease/2019/bnlkv80000003zn6-att/191031_sbgroup-factory.pdf

(3)2020年ドバイ国際博覧会」日本館飲食物提供事業に係る業務委託先はスシロー

『心をつなぎ、未来をつくる(Connecting Minds, Creating the Future)』というテーマのもと、2020年10月20日~2021年4月10日の期間アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイにて開催される。

ドバイ万博の日本館飲食物提供事業者が公募され株式会社スシローグローバルホールディングスが採択された。

詳しくはこちら:出所:JETRO公募情報採択結果10月25日:https://www.jetro.go.jp/procurement/publicoffer/faq/61a0676a35dbafe0.html