JNTO訪日外客数(2019年2月推計値と年間総括)など

3月19日JNTOは2月推計訪日外客数を発表。前年同月比3.8%増の260万4千人。2018年2月の250万9千人を約9万人上回り、2月として過去最高を記録した。 訪日ムスリム旅行者が期待されるマレーシア、インドネシアは以下のとおり。

・マレーシア:前年同月比3.9%増の36,700人、2月として過去最高を記録。航空座席供給量の増加に加え、今年の旧正月休暇は曜日の日並びが良く、前後に休みを取得することで1週間程度の休暇が取得可能であったことによる旅行需要の増加も、訪日者数の増加に寄与した。

・インドネシア:前年同月比16.6%増の24,600人、2月として過去最高を記録。旅行博でのプロモーション効果や、今年は祝日の移動により飛び石連休となる日並びであったこともあり、訪日者数は好調な伸びを記録した。

詳しくはこちら:出所:JNTO報道発表資料3月19日:https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/data_info_listing/pdf/190319_monthly.pdf

中央自動車道3か所のサービスエリアに礼拝室を設置
中日本エクシス(名古屋市)は、ムスリムのお客様のおもてなしをするため、礼拝スペースを開設し、ノンポーク・ノンアルコールフードの提供も始めた。(諏訪湖SA(下り)、浜名湖SA、EXPASA足柄)

詳細はこちら:PRTIES3月19日:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000304.000005505.html

金沢星稜大学ハラール対応マップ作成
金沢星稜大学人文学部の学生が、大学コンソーシアム石川「平成30年度学生による海外誘客チャレンジ事業」の一環として、石川ムスリム協会の協力を得て、金沢ハラール対応店マップ「HAMAP(ハマップ)」を作成した。

詳細はこちら:金沢星稜大学プレスリリース2月26日:http://www.seiryo-u.ac.jp/u/new/02262019.html