インバウンド(訪日ムスリム)に関する情報(2017年7月推計値)

(1)JNTO訪日外客数(2017年7月推計値)

8月16日JNTOは7月推計訪日外客数を発表。前年同月16.8%増の268万2千人で単月として過去最高を記録。主な理由としては;

・多くの市場で夏期休暇シーズンを迎え航空路線の新規就航や増便、訪日クルーズの就航。

・市場別では、東アジア 4 市場(韓国、中国、台湾、香港)が単月として過去最高を記録。一方で訪日ムスリム市場として期待されているマレーシアやインドネシア市場は、昨年7月上旬であった断食明け大祭(マレーシア:ハリラヤプアサ、インドネシア:レバラン)休暇が今年は6月となった影響が大きく、休暇直後にあたる7月は訪日者数が前年同月を下回った。

・マレーシア:前年同月比13.5%減の21,600人。・インドネシア:前年同月比12.3%減の23,400人。

詳しくはこちら;
出所:JNTO報道発表資料8月16日
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/data_info_listing/pdf/170816_momthly.pdf


(2)観光庁宿泊統計(平成29年7月分(第1次速報値))

国籍別外国人延べ宿泊者数(従業員10名以上の施設)の7月第一次速報値によると、マレーシア国籍54,760人、インドネシア国籍84.780人。JNTO訪日外客数7月推計数値で割るとインドネシア国籍は3.6泊でマレーシア国籍の2.5泊を上回り、インドネシア人旅行者の滞在日数は1.1泊マレーシア人旅行者より多く滞在していることになる。

詳しくはこちら;出所:観光庁宿泊旅行統計調査
http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/shukuhakutoukei.html

ちなみに2016年度国籍別外国人延べ宿泊者数(従業員10名以上の施設)ランキングにおいて訪日ムスリム市場として期待ができるマレーシアとインドネシア国籍においては北海道需要が高まっている。

インバウンドグラフ